中小消費者金融の麓プロジェクト

中小消費者金融

中小消費者金融とは?

中小消費者金融とは、大手消費者金融と比較して規模が小さい消費者金融会社を指します。大手消費者金融と比較して、審査が甘い傾向にあると言われています。中小消費者金融のメリットは、審査が甘い傾向にある、金利が低い傾向にある、限度額が高い傾向にある等です。

一方、デメリットとしては、大手消費者金融と比較して知名度が低い、融資までの時間がかかる傾向にある、利用条件が厳しい傾向にある等です。

中小消費者金融を利用する際には、メリットとデメリットをよく理解した上で、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

中小消費者金融のメリット

審査が甘い傾向にある

中小消費者金融は、大手消費者金融と比較して、審査の基準が緩い傾向にあります。そのため、過去に金融事故を起こしたことがある方や、他社借入額が多い方でも、審査に通過できる可能性があります。

金利が低い傾向にある

中小消費者金融の金利は、大手消費者金融と比較して低い傾向にあります。しかし、上限金利は20%を超える会社もあります。

限度額が高い傾向にある

中小消費者金融の限度額は、大手消費者金融と比較して高い傾向にあります。そのため、まとまった金額を借りたい方にもおすすめです。

中小消費者金融のデメリット

大手消費者金融と比較して知名度が低い

中小消費者金融は、大手消費者金融と比較して知名度が低いため、情報収集が難しい場合があります。

融資までの時間がかかる傾向にある

中小消費者金融は、大手消費者金融と比較して融資までの時間がかかる傾向にあります。審査に時間を要するだけでなく、書類の提出や郵送などの手続きにも時間がかかります。

利用条件が厳しい傾向にある

中小消費者金融は、大手消費者金融と比較して利用条件が厳しい傾向にあります。年齢や職業、勤続年数などの条件を満たしている必要があります。中小消費者金融を利用する際には、メリットとデメリットをよく理解した上で、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

中小消費者金融の審査基準は?

中小消費者金融の審査基準は、各社によって異なります。一般的には、以下の項目が審査の対象となります。

◆年齢
20歳以上が一般的です。ただし、20歳未満でも審査を受けられる会社もあります。

◆職業
安定した収入があることが求められます。正社員や公務員、派遣社員など、安定した収入がある職業の方が審査に通りやすい傾向にあります。

◆勤続年数
勤続年数は、3年以上以上が一般的です。ただし、勤続年数が短くても、安定した収入や勤続先の信用力があれば審査に通る可能性があります。

◆年収
年収は、安定した収入があることを判断する上で重要な指標となります。年収が高いほど、審査に通りやすい傾向にあります。

◆他社借入額
他社借入額が多いと、返済能力に不安があると判断され、審査に通りにくくなります。他社借入額がある場合は、総量規制の範囲内であることを確認しておきましょう。

◆信用情報
過去の金融事故(延滞や債務整理など)があると、審査に通りにくくなります。信用情報に傷がある場合は、事前に信用情報機関に開示請求をして、自分の信用情報を確認しておきましょう。

また、中小消費者金融は、各社の独自審査も実施しています。勤続先の規模や業種、利用目的など、会社によって審査基準は異なります。中小消費者金融を利用する際には、審査基準をよく理解した上で、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

中小消費者金融の利用条件は?

中小消費者金融の利用条件は、各社によって異なります。一般的には、以下の条件を満たす必要があります。

◆年齢
20歳以上が一般的です。ただし、20歳未満でも審査を受けられる会社もあります。

◆職業
安定した収入があることが求められます。正社員や公務員、派遣社員など、安定した収入がある職業の方が審査に通りやすい傾向にあります。

◆勤続年数
勤続年数は、3年以上以上が一般的です。ただし、勤続年数が短くても、安定した収入や勤続先の信用力があれば審査に通る可能性があります。

◆年収
年収は、安定した収入があることを判断する上で重要な指標となります。年収が高いほど、審査に通りやすい傾向にあります。

◆他社借入額
他社借入額が多いと、返済能力に不安があると判断され、審査に通りにくくなります。他社借入額がある場合は、総量規制の範囲内であることを確認しておきましょう。

◆信用情報
過去の金融事故(延滞や債務整理など)があると、審査に通りにくくなります。信用情報に傷がある場合は、事前に信用情報機関に開示請求をして、自分の信用情報を確認しておきましょう。

また、中小消費者金融は、各社の独自審査も実施しています。勤続先の規模や業種、利用目的など、会社によって審査基準は異なります。

中小消費者金融を利用する際には、利用条件をよく理解した上で、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

具体的な利用条件は、各社の公式サイトで確認することができます。また、最近では、中小消費者金融の比較サイトも多くありますので、利用条件を比較しながら、自分に合った会社を選ぶこともできます。

中小消費者金融の注意点は?

金利が高く設定されている場合がある

中小消費者金融の金利は、大手消費者金融と比較して低い傾向にあります。しかし、上限金利は20%を超える会社もあります。そのため、借り入れの際には、金利をよく確認して、無理のない返済計画を立てることが大切です。

利用条件が厳しい場合がある

中小消費者金融は、大手消費者金融と比較して利用条件が厳しい傾向にあります。年齢や職業、勤続年数などの条件を満たしている必要があります。そのため、申し込みをする前に、利用条件をよく確認しておきましょう。

闇金と区別が難しい場合がある

中小消費者金融の中には、闇金と区別が難しい会社もあります。闇金は、違法な高金利で融資を行う業者です。そのため、申し込みをする前に、その会社が正規の消費者金融業者であることを確認しておきましょう。具体的には、以下の点に注意が必要です。

* 本社所在地や代表者名が明記されているか
* 貸金業登録番号が取得されているか
* ホームページに金融庁の登録番号が記載されているか
また、以下のような点は、闇金の特徴である可能性が高いため、注意が必要です。

* 審査が甘い
* 即日融資が可能
* 高金利
* 在籍確認なし
* 利息の返済を先延ばしにできる

もし、これらの点に当てはまる会社があった場合は、利用を控えましょう。中小消費者金融を利用する際には、上記の注意点をよく理解した上で、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

お役立ち


中小消費者金融の麓プロジェクト